« intel AtomがTSMCでも製造 | トップページ | intel、WindRiverを買う »

2009/05/26

SL-A300 & KeyHelperApplet

常用ザウルスのSL-C1000が故障したら困るとの脅迫観念で、昨年からヤフオクで予備機を物色している。 今まで8000円近辺の価格で既に数台購入したので、一安心。
この行動に呼応するかのように、今年になって2005年から使っていたC1000に異常発生。充電出来なくなった。電源LEDも点灯しないが電池での動作は正常。電源回路周辺の故障だろう。
予備機の1つに環境を移行し、ああ、予備機が有って良かった、と実感したのである。

さて、予備機の物色を始めて以来ヤフオクは、私にとってAmazon、楽天に次ぐショッピングモールと化してしまった。
そして最近、そのヤフオクでSL-A300(なんと3台で2800円!)を入手した。ちょっとした興味とコレクション程度に考えての購入だったが、使ってみたらこれが凄く良い感じ。小さくて軽くて、片手での情報閲覧にはぴったりなのだ。
片手操作と言えばiPod touchが有るのだが、A300ではC1000に蓄えてきたデータがほぼそのまま使える点が素晴らしい!
但し、A300を片手操作していて困る点がある。それは、タスク切り替えだ。ランチャーのタブ切り替えはHOMEボタンで切り替えられるのだが、タスクはタスクバーに表示されているアイコンにタッチする必要がある。この操作には両手&スタイラスが必要になるのが困る。HOME/Cancel/十字カーソル/OK/Menuのボタン操作で簡単にタスクが切り替えられないのだ。(起動しているアプリをランチャーから選択すれば切り替え出来る事は出来る、が、これでは手間が掛かり過ぎ)
そこでザウルスのキラーアプリ筆頭とも言われるKeyHelperAppletの登場。
HOMEボタンを押した後に左方向ボタンを押すとタスクが順々に切り替わる様にした。
HOMEボタンを押した後に右方向ボタンを押した場合はタスクメニューが出る様にもした。

設定したkeyhelper.confとkeyhelper.xmlの内容は以下の通り。
記述に間違い等あるかもしれないが、まあ動作には満足している。
"keyhelper.conf"

"keyhelper.xml"

|

« intel AtomがTSMCでも製造 | トップページ | intel、WindRiverを買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SL-A300 & KeyHelperApplet:

« intel AtomがTSMCでも製造 | トップページ | intel、WindRiverを買う »